「ネットワークドライブが ✖ になる」の対処

 ドメイン環境に参加していない研究室などの Windows 10 パソコンにサインインすると、標準設定ではネットワークドライブを割り当てていても下図のようにが付いて切断状態になっている場合は、コントロールパネルから 1.~ 3. の設定をおこなうか、ローカルグループポリシーで 1.~ 5.の設定をおこなってみる。


  1. コントロールパネル」を起動して「プログラム」を選択する。

  2.  
     
     
     
     
     
     
     
     

  3. プログラムと機能」の「Windows の機能の有効化または無効化」を選択する。
  4.  

     

     

     

  5. SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート」を✔する

 

 

 

 

 

 

 


  1. デスクトップ左下の「スタートボタン」上で右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択する。
  2.  

  3. gpedit.msc と入力する。
  4.  

     

     

     

  5. ローカルコンピュータポリシーでの選択
  6.  
    左のペインで ① ~ ④ まで選択する。

    右ペインの「コンピュータ起動時とログオン時にネットワークを常に待つ」をダブルクリックする。

     

     

     

     

     

     

     

  7. 「コンピュータ起動時とログオン時にネットワークを常に待つ」を有効にする。
  8.  

     

     

     

     

     

     

  9. 有効の確認

HDへのアクセスを減らす! SEPのファイルキャッシュ再スキャンの停止

パソコンを使ってもいないのに、ディスクアクセスが頻繁に行われていたので調べてみました。原因は、Symantec Endpoint Protection(SEP) の Symantec Service Framework(32ビット)が頻繁に動いていましたが、新しい定義のロード時にキャッシュを再スキャンすることが原因だったようです。(SEPバージョン: 14.0.1904.0000)

を起動して設定を行いました。

設定は、以下のページを参考にさせていただきました。
http://nekose.seesaa.net/article/401701204.html

1. Symantec Endpoint Protection の「設定の変更」を選択する。

2. 「ウイルスとスパイウェアの対策」の右側の②「オプションの設定」ボタンを押す。

3. ウイルス対策とスパイウェア対策の設定画面で、①「Auto-Protect(E)」タブを選択し、②「拡張(C)」を選択して③「OK」ボタンを押す。

4. Auto-Protect 拡張オプションの「ファイルキャッシュ」→①「新しい定義のロード時にキャッシュを再スキャンする(O)」のチェックを解除し、②「OK」ボタンを押して設定を終了する。

5. 再起動後に設定が有効となる。

Windows7 忙しいHDを止めるの巻

Windows 7 Pro 64bit版で、HDへのアクセスが止まないのでタスクを調べると
CompatTelRunner.exe
というプロセスが頻繁に動いていたので、止めたところHDへのアクセスが無くなりました。
この記事を参考にさせていただきました。 感謝です!

設定は、下図のように「コンピュータの管理」の「タスクスケジューラ」から行いました。
mukou

Windows 7 で Windows Update が進まないときの対応

春ごろから Windows Update をしていないパソコンがあったので、Windows Update をしてみましたが画面にまったく変化がなく、いつまでも「更新プログラムの確認」のままでした。

困ったな~と調べてみた結果、以下のページで詳しく解説してくれていましたので、手動でパッチをあてたところ、うまく Windows Update ができました。

◆Windows Updateに時間がかかる問題2016年6月版(ぼくんちのTV 別館さん)

手順は以下の通りでしたが、「Windows Update」のサービスを停止しないとうまくパッチがあたりませんでした。 また、パソコンのUpdate状況によっては、結果が異なるかもしれません。

1.「コンピュータの管理」⇒「サービス」で「Windows Update」のサービスを停止する。

2.Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3161664) を ここからダウンロード (約1.6MB) し、手動でパッチをあてる。

3.再起動する。

4.上の1番と同様に「Windows Update」のサービスを停止する。

5.更新プログラム (KB3161608) が廃止され、更新プログラム (KB3172605)に変更されたので変更します。(2016/09/10)
  同じように、こからダウンロード (Windows7 32bits,64bits,Windows Server2008用がある)し、手動でパッチをあててください。
5.Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3161608) を ここからダウンロード(約28.2MB)し、手動でパッチをあてる。

6.再起動する。

7.通常の Windows Update を行う。

以上です。

Windows7 HDアクセスの改善

Windows7 の ハードディスクが異常にアクセスするときの改善方法

 

1.  KB3050265 の修正パッチ

演習室のクライアントPCが、異常にHDへのアクセスが多いのでいろいろ調べた結果、起動直後に “svchost.exe”  (netsvcs) が多くのメモリを消費していたので、マイクロソフトの KB3050265 の修正プログラムを適用しました。

▼KB3050265 (64bit版)のダウンロードはこちらから          ⇒https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=47351

メモリ容量が2~4GB程度のPCで、このような現象が起こるようです。        https://pc.shigizemi.com/2015/07/18/fix-win7-by-applying-kb3050265/          http://www.tokai-fs.jp/index.php?QBlog-20150626-1

 

2. Symantec Endpoint Protection  Ver.12 の設定変更

もうひとつは、”Symantec Endpoint Protection” の”ccSvcHst.exe” も影響しているようなので、下のサイトを参考に設定した。          http://omoikane832.blog110.fc2.com/blog-entry-13.html

■ Symantec Endpoint Protection を起動し、「ウィルスとスパイウェアの対策」 の オプション・ボタンをクリックして、「設定の変更」を選択する。       sep-1

 
 
 
 
 
 
 
 

■ 「Auto-Protect」タブを選択し、「拡張」ボタンをクリックする。      sep-2

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

■ 「新しい定義のロード時にキャッシュを再スキャンする」 のチェックを解除する。     sep-3

「Windows 10 を入手する」の非表示設定

「Windows 10 を入手する」の非表示設定の方法

Windows 7 や Windows 8.1 では、Windows 10 が無償でアップグレードできるようになったため、Windows Update の「重要なプログラム」で全て更新すると以下のようにインジケータ領域に 「Windows 10 を入手する」アイコンが追加される。
Windows10-Upgrade

現状で Windows 10 にアップグレードする必要が無い場合は、目障りなので以下の方法で表示をされないようにできる。


  1. Windows Update で画面右下の「インストールされた更新プログラム」を選択し、「Microsoft Windows (KB3035583) の更新プログラム」を探し、右クリックしてアンインストールする。
    WindowsUpdate-1
    WindowsUpdate-2
    WindowsUpdate-3
  2. 再度 Windows Update で「更新プログラムの確認」を行うと KB3035583 が再表示されるので「更新プログラムの非表示」を設定する。
    WindowsUpdate-4WindowsUpdate-5WindowsUpdate-6
  3. 再起動後、Windows Update で「更新プログラムの確認」をしても KB3035583 は表示されなくなるし、インジケータ領域のアイコンも表示されなくなる。
    WindowsUpdate-7

Windows 10 インストール

10月1日付けで公開された、”Windows Technical Preview”の64bit英語版をインストールしてみました。 Windows 8.1 と何が違うの?って感じです。

ISOイメージファイルのダウンロードは、Microsoft account が必要ですが、以下のサイトからできます。約4GBでDVD1枚です。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/preview

インストール方法など詳しい記事は、下のページに出ています。古いパソコンに入れてみましたが、デバイスも勝手に認識してくれるし特にドライバの準備は必要ありません。快適に動いています。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/20141002_669528.html

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20141001_669240.html?ref=pick&utm_content=pc-top&utm_campaign=pick&utm_source=pc.watch.impress.co.jp&utm_medium=content-text

windows10-20141008

就職活動中の方へ

nikkei-1

日経新聞にお役立ち情報が掲載されていました。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK23035_T20C13A4000000/?dg=1

このサイトは、無料の登録をすれば1ヶ月に10本見ることができます。

いろんな人の意見を参考にして頑張って下さい!

取りあえず見たい方は、下のリンクをご覧下さい。

http://10.64.76.200/~y-fukui/news/nikkei-20130424.pdf

AutoCAD製品について(学生用)

Autodesk社が提供している学生向けサービスとして以下の2種類のタイプがあります。

1.無料版
  オートデスク社のUSAサイトから登録すれば、3年間無料で使用できるライセンスです。
  印刷時に「PRODUCED BY AN AUTODESK EDUCATIONAL PRODUCT」という文字が印刷されるようですが、その他はほぼ同じようです。
  下のサイトで確認して下さい。
  http://www.autocadlt.net/AutoCAD-Education/autocadxueshengd.html

2.有料版
  下のサイトで確認して下さい。
  http://www.autocadlt.net/AutoCAD-Education/autocadxueshengb.html

Windows8 にスタートボタンを追加

◆Windows8 にスタートボタンを追加する方法

Windows8 は、標準の起動画面では Metro 画面となり、従来の利用
環境からすると使い勝手がどうも馴染めないものです。
そこで、ログオン後は今まで通りのデスクトップ画面となり、スタートボ
タン
が利用できるようなる便利なツールがありますので紹介します。

■IObitさんの「Start Menu 8」
http://jp.iobit.com/free/startmenu8.html

■ダウンロードは、Vectorさんからできます。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se501069.html

また、起動時の文字入力が日本語になっているのも大変不便である
ので、デジタルアドバンテージの島田さんの記事を参考にデフォルト
を半角入力
に変更しました。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1212/14/news050.html